屋根工事

■屋根工事は当社にお任せください

○葺き替え工事
葺き替え工事は、既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事のこと。
「補修工事をしても雨漏りが繰り返し起きる」「経年劣化で屋根がだいぶ傷んでいる」というときに、葺き替え工事がオススメです。
また、構造上カバー工法が難しい場合や、耐震対策として軽い屋根に交換したい場合などにも、こちらは採用されます。
葺き替え工事は、傷んだ下地部分を完全に取り払うため、新築同様の優れた耐久性を蘇らせることが可能です。

○カバー工法
カバー工法とは、既存の屋根を撤去することなく、その上に新しい屋根を被せて覆う工事のこと。
「下地自体はしっかりしているが、屋根材が傷んでいる」という場合は、葺き替えよりもお得な“カバー工法”をオススメしています。
カバー工法は解体を行わないため、工事費・廃材処理費などが発生せず、低コスト・短工期で施工をお届けすることが可能。
カラーベスト屋根や金属屋根を、2度以上塗り替えている建物には特にオススメです。

○雨樋・板金
屋根の軒先や外壁づたいに設置されている“雨樋”は、雨水をコントロールし、地上に排水させる重要な役割を担っています。
雨樋は一般的に、10~15年が寿命と言われています。
経年劣化により機能が正常に果たされなくなると、外壁や建物の土台部分が直接雨水に晒されることになり、雨漏りやカビを発生させてしまいます。
このような大きなトラブルとなる前に、点検・修繕を行いましょう。
“板金”とは、主にスレート系の屋根材同士をつなぎ留めるのに使われている薄い金属板のこと。
屋根と屋根の接合部をカバーし、雨水の浸入を防ぐ役割を担っています。
板金は最も高い位置にあるため、突風で浮いたり剥がれたりしやすく、台風後などは特に注意が必要です。
最近では、強力に固定出来て、且つ劣化しにくい製品が出ていますので、建物の状況に合わせてご提案いたします。

○屋根補修
「瓦がズレている」「瓦がたわんでいる」
などといった症状はございませんか?
もし、心当たりがある方は、当社までご連絡ください。
また、何年もメンテナンスをしていないという方、劣化している可能性が高いので、これを機に一度屋根の状態を確認してみましょう。

【電話】 06-4963-3545
【営業時間】 8:00~20:00
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 関西一円に対応

一覧ページに戻る