防水工事全般

■防水工事で建物を守ります

マンションやアパートの屋上やベランダ、外階段、外廊下など、屋外の平らで水が溜まりやすい場所には、一般的に防水工事が施されています。
防水工事の耐用年数は10~15年程と言われていますが、その間、一切のメンテナンスが必要ない、というわけではございません。
ウレタン防水やシート防水ならトップコートの塗り替えが必要になりますし、防水層がひび割れてきていたり、目地部分を埋めるコーキングが切れてしまうこともあるでしょう。

劣化症状を見逃さずに、適切なタイミングで補修を行うことが、防水効果を長持ちさせる秘訣です。
万が一、塗膜が剥がれていたり、ひび割れがあったり、雨漏りが発生している場合は当社までお問い合わせください。

■防水工法をご紹介

○ウレタン防水
軽量かつ比較的安価で、複雑な場所にも施工可能なウレタン防水。
このような優れている点から、ウレタン防水は国内で半数近くのシェアを占めています。
また、つなぎ目のない美しい仕上がりとなり、建物への負担がほとんど無いのもウレタン防水の大きな特徴。
適切な時期にメンテナンスを行い、紫外線・雨風・砂埃などの外的要因から建物をしっかりと守りましょう。

○シーリング
シーリングとは建物の隙間を埋めるために使われる、ゴム状の目地材のこと。
建物内への水の浸入を防いだり、建物にかかる衝撃を吸収する役割があります。
また、シーリングは外壁のひび割れ補修などにも施されます。
いつまでも快適で安心な暮らしを続けるためには、欠かすことの出来ない工事と言えるでしょう。

○FRP防水
FRPとは、ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックという意味。
その防水層は軽量かつ強靭で、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れております。
液状の防水材を下地に塗布し、隙間なく防水膜を形成するため、その防水性能には大きな期待が持てます。
防水層の上を歩いても問題がないことから、ベランダやバルコニーなどで取り入れられています。

【電話】 06-4963-3545
【営業時間】 8:00~20:00
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 関西一円に対応

一覧ページに戻る